闇金の取り立てや、嫌がらせから逃れるために「夜逃げ」「自殺」をする方がいますが残念ながら、その方法では解決できません。
なぜなら、借りた本人がいなくても標的が親族に代わるだけです。また、闇金には時効がありませんから「夜逃げ」すれば長年に渡って見つかる恐怖に怯えることになります。

 

親族ともども「夜逃げ」した場合の問題点が役所との関係です。
住所を移転すれば「移転届」を提出しなければなりませんが、これを提出すると闇金に新しい住所がバレる危険があります。しかしこの届けを提出しないと、健康保険証、各種学校への入学手続き、生活保護申請、年金申請、入社手続き、銀行口座開設などの手続きが出来なくなってしまいます。

 

それに万が一、見つかるようなことにでもなれば、ヤミ金から以前にも増して厳しい取り立て、嫌がらせが待っています。

 

「自殺」による逃避も、自分は良いかもしれませんが残された親族は大変です。「家族は関係ない!」と、突っぱねて引き下がる相手でもありません。

 

では、どうすれば良いのか?
公的な相談窓口に相談するのも良いのですが、欠点は時間がかかること。金銭的、精神的に追い詰められている方には不向きかもしれませんね。

 

なにしろ早く、確実に「闇金問題を解決したい」と考えているのなら、闇金被害に特化した弁護士、司法書士が一番でしょう。

 

くどいようですが、一般の弁護士、司法書士ではありません。
相手は違法な犯罪者集団です。闇金業界に精通し、解決実績が豊富な弁護士、司法書士でなければ解決後でも安心することはできません。

 

1日でも早く、闇金被害に特化した弁護士、司法書士が設置している「闇金相談所」へ相談しましょう!

 

以下の事務所は闇金問題の解決では豊富な経験と実績があり、無料相談所も設置していますのでオススメです。
電話、メール相談はフリーダイヤルですから電話料金も無料です。

 

闇金に強い弁護士・司法書士による相談所へ

 

《サイトトップ》